« 愛馬近況20120221~2歳馬(Ruffian)~ | トップページ | Reach Consensus Photo Memories (2) »

2012年2月22日 (水)

愛馬近況20120222~牧場・トレセン在厩~

マヒナ(牝4)・・・NF天栄で調整中

トレッドミル調整を行っています。「外見上の症状はさほど変化が感じられないので、今週もトレッドミルに入れてゆっくりとダクを踏ませながら体を動かす調整をしています。原因がこれとハッキリ言えるものではないのですが、帰厩の際の輸送で疲れが出てしまったこと、気候の変化などが堪えてしまったことから抵抗力の低下し、複数の菌による混合感染を起こしてしまって、それがまだ根強く残ってしまっています。現在も脚元に腫れが見られ、“スッキリしたいい状態”というものには程遠い状況です。回復スピードが遅いことを考えると復帰は早くても夏ごろになってしまうかもしれませんが、何とかいい形に持っていけるように馬に合わせて進めていきたいと思います」(天栄担当者)

 

 

アーデント(牡3)・・・美浦TCで調整中

22日は美浦南Wコースで追い切りました(81秒7-65秒5-51秒4-38秒1-13秒3)。「調教師からオファーをもらったのもあって追い切りに跨りに来ました。これまでのレースを見ていると少し硬さがあって体が伸びてしまうところがあるのかなと思っていたけれど、乗ってみたらそんなことはなかったですね。追い切り前に津村に“ペースが上がり出す3コーナーあたりでかかるかも”とおどかされたのですが、大丈夫でしたよ。下ろしがけに外へ行くようなところがあったのですが、それは元々左に張るようなところがあると聞いていたんです。それを矯正するのではなく敢えて張るのならば張らせてリズム良く走り出させるようにしました。ポイントの3コーナーあたりからそういう気配もあったのですが、そこで喧嘩するのではなくスッと抜いてあげることで力みもなくなり、折り合い面もまったく問題ありませんでした。2、3完歩速くなる分には構わないくらいのつもりで対応することで上手く折り合いもつけられるもんですよ。仕掛けてからの伸びはジリジリとでしたが、馬場の分もあるでしょう。栗東ほど悪くはないけれど走りづらい感じもしたからね。抱いていたイメージとは違うということがわかりましたし、当該週のサラッとした追い切りじゃなくて1週前のそれなりの追い切りで跨らせてもらえたのは良かったです。本番を楽しみにしています」(藤田騎手)「1週前ということで、それなりに負荷をかけたいと思っていましたから、追い切りに乗りに来てくれないかとジョッキーにオファーを出したところ快く受けてくれました。それにともない今朝は藤田ジョッキーを背に行いました。それなりの追い切りをやるにはそれに対応できるだけのパートナーを選ばなければいけません。簡単にやっつけられたらその馬もへこんでしまいますから、レースへ向かう過程や馬の脚力などいろいろと考えた結果、パートナーはフィフスがいいと思いこの2頭による併せ馬を行いました。後ろから行って終いに並びかけるような動き。ポイントとしてあげていた折り合いも本当に上手くつけていたし、やっぱり頼りになりますね。体が少し伸びきるイメージを抱いていたようですが、今日乗ってもらってそのイメージも変えてもらえたよう。だいぶ首の使い方もよくなり、丸まって溜まるような走りができるようになってきていますからね。来週の追い切りをどの程度やるかはこのあとの状態次第になりますが、いい形で弥生賞へ向かえそうです」(加藤征師)3月4日の中山競馬(弥生賞・芝2000m)に藤田騎手で出走を予定しています。

 

 

 

ダローネガ(牡3)・・・栗東TCで調整中

22日は栗東坂路で追い切りました(56秒2-41秒3-27秒3-13秒6)。「今朝は坂路で併せて追い切りました。相手が走る馬で最後は遅れましたが、この重い馬場で終い13秒6なら優秀ですし、徐々にラップが速くなる理想的な内容。馬場が荒れすぎていて本当は坂路であまりやりたくないと思うぐらいだったのですが、これだけ動ければ十分です。乗っているスタッフも、先週よりずっと良くなっていると言っていましたし、いい仕上がりで臨めそうです。前日はポリトラックでサッと脚慣らしをしていこうと思います」(佐々木師)25日の阪神競馬(アーリントンC・芝1600m)に岩田騎手で出走を予定しています。

 

 

☆コメントはキャロットクラブ様より転載の許可を頂いております。

 

 

マヒナは思った以上に時間が掛かりそうですね。とにかく一日でも早く良くなることを祈るばかりです。

アーデントの今週の追い切りには藤田騎手が栗東より駆けつけてくれたようですね。しかも厩舎の先輩、フィフスペトルとの併せ馬で追い切りと、実のある調教だったようで何よりです。

ダローネガは今週のレースに向けて仕上がり万全のよう。楽しみです。

 

3頭とも順調に調整が進むことを祈ります。

Ardent_20120115_009a  

(アーデント 2012年1月15日中山競馬場)

|

« 愛馬近況20120221~2歳馬(Ruffian)~ | トップページ | Reach Consensus Photo Memories (2) »

アーデント」カテゴリの記事

ダローネガ」カテゴリの記事

マヒナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛馬近況20120221~2歳馬(Ruffian)~ | トップページ | Reach Consensus Photo Memories (2) »